ブログ

March 3, 2015

 師範ロジャー・レソウドとアンドレイ・コロムベ宗家

極真全武道奨學會

著 岩下清伸

家族の絆

ワールド極真会空手連盟の歴史は極真空手の創設者(大山倍達 おおやま ますたつ)総裁の1957年代の門弟(MAITLE ROGER RESOURD)師範より始まったと我が兄者(ANDREY COULOMBE)宗家より聞いております。兄者(ANDREY COULOMBE)はMAITLE ROGER RESOURD師範の一番弟子であり大山総裁の良き理解者であった。  (1994)年まで極真会館カナダ支部長と米国極真空手道連盟の支部長を務めたが、大山総裁の死後、極真空手も分裂に発展して世界中の極真空手の統制は崩れ落ちてしまった。  現在、兄者ANDREY COULOMBEは、ワールド極真会空手と米国極真空手を歴史の伝承と受け止め、何処の派閥にも心を傾けず、師の教えを伝統として守り抜いてきたのである。私が、兄者ANDREY COULOMBE宗家を知ったのは1991年、私が高校を卒業し海外の武者修行を行う為、以前より所属していた極真空手の岐阜支部を離れてカナダのバンクーバーに留学した頃、カナダの武者修行で知り合った仲間より兄者ANDREY COULMBE道場を紹介されたのが今思えば運命の始まりだった。あの当時も本当...

May 1, 2013

実話ナックルズ

 

岩下 清伸

実話ナックルズの取材 2004年

 

取材文 大和新聞

山内重雄

 

撮影 フライデー写真記者

川柳まさ裕 現在は減税党の現職議員

 

地下格闘家 [岩下 清伸]の流儀

[格闘家]には二種類ある。大観衆の前で闘いを繰り広げて喝采を浴びる[プロ格闘家]。そして、見世物やギャンブルという側面の強い非公式なリングでひたすらファイトマネーと強者のみを求める[地下格闘家]だ。光と影のような両者が闘うことは、ほとんどない。[ほとんど]…。地下格闘家でありながらプロ格闘家のスターと拳を交える。光と影が交わった奇跡のリング。

 

マリファナの煙がたちこめる会場

金網&フローリングの[地下リング]

岩下清伸が格闘の道に入ったのは小学生の時である。[空手バカ一代](梶原一騎原作、つのだじろう.影丸讓也画)の影響をうけて極真空手の道場に通ったのがきっかけだった。

もともと身体能力は高く、中・高と陸上部で活躍。高校時代は砲丸投げの選手として同世代で親交もあったハンマー投げの室伏広治やマラソンの高橋尚子とかたを並べ、東海地区のアスリートのひとりとして注目を浴びていた。

昼は陸上競技に打ち込みつつも、夜は道場で学んだ技を試す為、実戦を求めて地元・岐阜の繁華街を彷徨い歩くようになる岩下。気がつけば、彼は、[裏の世界]から...

Please reload

特集記事

トレーニング動画

3/2/2015

1/2
Please reload

最新記事

11/14/2017

11/14/2017

11/14/2017

11/13/2017

3/3/2015

5/1/2013

Please reload

タグから検索
Please reload

フォローしよう!
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
wkko.org