In the 1960's Mas Oyama accepted a French student, Roger Lesourd. Roger lived and trained in Japan directly under Mas Oyama and was eventually awarded a 3rd Dan Black Belt along with the title of Branch Chief for Canada. In 1968, Roger brought Kyokushinkai Karate to Canada and trained many of the big names known in Karate today. In 1973 Roger Lesourd found that the knockdown karate he was teaching intimidated the masses and wasn’t reaching those whom it was meant for. He chose to formulate a new style, Samourai Karate, which was named in honour of the movie “The 7 Samurai” where the Samurai defend the village from ruthless warlord. Samourai Karate was designed by incorporating the effectiveness of Kyokushin Karate and the traditional spiritual practices used by the Samurai. This style was very successful and became well respected throughout the martial community. 
1960年代、マス・大山はフランス人学生のロジャー・レソウドを受け入れました。 ロジャーは日本に住んで訓練を受け、大山の直下で訓練を受け、最終的にカナダ支部長の称号とともに第3段黒帯を授与されました。 1968年、ロジャーは極真会空手をカナダに持ち込み、今日空手で知られている多くの有名人を訓練しました。 1973年に、ロジャー・レソウドは、彼が教えていたノックダウン空手が大衆を脅かし、それが意図された人々に届かないことを発見しました。 彼は映画「The 7 Samurai」に敬意を表して命名された新しいスタイル、サムライ空手道を策定することを選択しました。 サムライ空手は、極真空手の有効性とサムライが使用する伝統的な精神的習慣を取り入れて設計されました。 このスタイルは非常に成功し、武道コミュニティ全体で高く評価されるようになりました。
wkko.org